C#を使用してXMLをExcelに変換する

C#を使用してXMLをExcelに変換する

XMLデータをExcelファイルにプログラムでインポートするのは非常に簡単です。この.NETExcelライブラリは、このプロセスを自動化するためのメソッドとプロパティを提供し、インポートオプションとデータ表現を構成することもできます。さらに、これらのデータファイル形式はどちらも、その豊富な特性と使用法により、組織で広く使用されています。このブログ投稿では、プログラムでC#を使用してXMLをExcelに変換するコードスニペットを記述します。

この記事では、次の点について説明します。

XMLからExcelへの変換APIのインストール

インストールに関しては、このライブラリは、問題が発生した場合にインストールガイドにアクセスできるため、簡単にインストールできます。

ただし、DLLファイルをダウンロードするか、NuGetパッケージマネージャーで次のコマンドを実行することができます。

Install-Package Aspose.Cells

プログラムでC#を使用してXMLをExcelに変換する

インストールが完了すると、Microsoft Excelアプリケーションをインストールしなくても、プログラムでExcelファイルを操作および変換できます。さらに、C#で数行のコードを記述することにより、他のファイル形式からデータをコピーおよびインポートできます。

次の手順とコードスニペットに従って、プログラムでXMLをExcelに変換します。

  1. Workbookクラスのインスタンスを作成します。
  2. ImportXmlメソッドは、XMLファイルのパス、宛先シート名、宛先の行、および列を引数として取ります。
  3. 保存メソッドを呼び出して、ブックをXLSXとして保存します。
// Workbookクラスのインスタンスを作成します 
Workbook workbook = new Workbook();

// XMLをワークブックにインポートする
// ImportXmlは、XMLファイルのパス、宛先シート名、宛先の行と列を引数として取ります。 
workbook.ImportXml( "sample.xml", "Sheet1", 0, 0);

// Saveメソッドを呼び出して、ブックをXLSXとして保存します    
workbook.Save(  "data_xml.xlsx", Aspose.Cells.SaveFormat.Auto);

サーバーを実行すると、プロジェクトのルートディレクトリに「dataxml.xlsx」ファイルが生成されます。

上記のコードスニペットの出力は、以下の画像で確認できます。

XMLをXLSXにインポートする

XMLをExcelにインポート-詳細オプション

これまで、プログラムでXMLデータをExcelファイルに変換することを実際に見てきました。したがって、ここで確認できる他の多くのメソッドとプロパティを利用できます。さらに、このライブラリを使用すると、データのインポートとエクスポートのタスクなどを自動化できます。

無料ライセンスを取得する

無料の一時ライセンスを取得して、評価の制限なしでAPIを試すことができます。

まとめ

ここでブログ投稿を終了できます。プログラムでC#を使用してXMLをExcelに変換する方法を学習したことを願っています。また、非常に簡単なインストール手順も実行しました。さらに、以下の「関連項目」セクションに記載されている他の関連記事があります。このライブラリの完全なドキュメントにアクセスすることを忘れないでください。最後に、conholdate.comは、新しいブログ投稿を書く一貫したプロセスにあります。したがって、最新のアップデートのために接続を維持します。

質問する

私たちのフォーラムであなたの質問や質問について私たちに知らせることができます。

関連項目